パンくずリスト
  • ホーム
  • あがり症 改善
  • 僕が泣き虫なんじゃなくてこのあがり症が素敵なんだと思います。

僕が泣き虫なんじゃなくてこのあがり症が素敵なんだと思います。

あがり症 改善
Pocket

あがり症築を喜ばれるより、十年後に感謝される大工。

秋田県にかほ市ピアノ・エレクトーン・ピアノdeクボタメソッド認定教室あなたの成長とわくわくを応援するよこやま音楽教室横山記代(よこやまのりよ)です
中学生は合唱コンクールの季節ですね

合唱の伴奏をする生徒さんもがんばっていると思います。

そこで今回は、ソロと伴奏の違いについて考えてみましょう

まず、大きな違いとしては、ソロは一人で演奏するが、伴奏は一人ではなく歌に合わせて演奏する、ということがあります。

それはつまりどういうことだと思いますか?
3つのポイントに絞ってみました。

①自分の弾きやすいテンポやタイミングではないかもしれない

ソロは一人で弾きますので、自分のテンポやタイミングで弾けます。

しかし合唱は、指揮者を見ながら、歌に合わせて弾きます。

具体例を挙げると、?ブレスを深くとりたい部分があればその分少し間をとったりする
?ピアノが弾きにくくても歌のテンポが速ければ、合わせて弾かなければならない
?リタルダンド(だんだん遅く)や、アッチェレランド(だんだん速く)も指揮に合わせて演奏する

②音量のバランスを意識する
伴奏は自分一人だけで演奏するのとは違い、全体の音量のバランスを意識することが必要です。
例えば?伴奏は主役ではないからと言って、弱々しい演奏にならないようにする(これは歌っている人に聞こえにくいため歌いにくくなってしまいます)
?フォルテだからと言って、ソロの時のように自分だけ大きくするのではなく、歌に合わせて大きくする。(歌をかき消してしまっては本末転倒)
?歌が無い部分は自信を持って、はっきり、しっかり弾く(前奏や間奏はもちろん、歌が同じ音で伸ばしていてピアノだけが動く部分は音楽を盛り上げる重要な部分です)
などが挙げられます。
バランスが大事です
③歌の人達と心を合わせて演奏する
みんなで一緒に作り上げるんだという気持ちで、常に歌を聴きながら、歌う人が気持ちよく歌えるように、また、控えめになりすぎずアンサンブルをしている気持ちで楽しんで弾くとうまくいくと思います。
以上、3つのポイントをお伝えしました。
一人じゃないんだ!みんなと一緒なんだ!と思って楽しんで演奏してみてくださいね
写真は合唱ではありませんが、みんなで心を合わせて演奏する、ということで載せてみました
先日の白瀬フェアの時のものです。夕方の空が綺麗ですよね。

2歳からのピアノを使った育脳レッスンピアノdeクボタメソッドを秋田で唯一受けられる教室??
脳のシナプスが増えるのは3歳まで。 育脳するなら2歳、3歳が最適です
ただ今、無料体験レッスン受付中です
体験レッスン可能なコースと年齢
●ピアノdeクボタメソッド 2歳さんから
●ピアノ・エレクトーン 5歳さんから大人まで

体験レッスンのお申し込みは、お電話または下の①のLINE公式アカウントにご登録の上お気軽にどうぞ

①教室でのレッスンに興味のある方
よこやま音楽教室のLINE公式アカウント
・ご登録はこちらから??

http://nav.cx/i6rveDW

レッスン風景や教室の情報を週1回お届けしています??
体験レッスンのお申し込みやご質問もお気軽にどうぞ

②オンラインレッスンを受けてみたい方
横山記代のLINE公式アカウント
ご登録はこちらから??

http://nav.cx/dqEMn6f

ピアノ上達のポイントやオンラインレッスンの情報を週1回お届けしています??
オンラインレッスンのお申し込みやご質問もお気軽にどうぞ
①②のLINE公式アカウントにご登録いただくと、プレゼント1お子様のやる気がアップする声がけの3つのポイント
プレゼント2あがり症の人でも本番で落ち着いて演奏できる5つのポイントの動画をプレゼント
③オンラインレッスンを取り入れたい音楽教室の先生方
横山記代のLINE公式アカウント
ご登録はこちらから??

http://nav.cx/8tLzQKB
お教室のオンラインレッスン導入についての情報を週1回お届けしています??
ご登録いただくと「月謝の値上げなど生徒さんに言いにくいお願いをするときにしてはいけないこと」の動画をプレゼント
思わず笑ってしまう楽しい教室紹介動画はこちらです♪
なぜ私がこの仕事をしているのかhttps://ameblo.jp/yokoyama-ongaku/entry-12438070409.html

コース紹介2歳からシニアまで
ピアノdeクボタメソッド 2歳からの育脳
ピアノ
エレクトーン
保育系ピアノ コード奏法
よこやま音楽教室 0184-38-3616
ホームページ Facebookページ ツイッター インスタグラム YouTubeチャンネル

あがり症に関する都市伝説10個

マインド、考え方を変えただけで世の中変わります。こちらでは人生を豊かに生きていく話をします。
仕事も私生活も充実した時間を過ごしたいものですよね。3人が色んな話をして人生を変えようとしているそんな内容となっております。では今回はどんな話なのでしょうか。・登場人物・メンター:アオイ コウ
・教え子:青葉 雄太(あおば ゆうた)
・教え子:広瀬 里美(ひろせ さとみ)雄太「俺、運動ができない、自分がカッコイイとは思わない、人前が苦手とか色々コンプレックス持っているんですよ」嫌ですか?雄太「当たり前ですよ。誰もそれがいいと思う人はいないです」そうでしょか。実はコンプレックスって大切なんですよ。雄太「そんなわけないですよ。自分の足を引っ張るだけです」そんなことはないです。何かで成功しているは自分のコンプレックスを仕事にしている人が多いものです。例えば、人前で緊張しない講座の先生にどうして今この仕事をしているか聞いてみると、自分が昔あがり症で悩んでいて、どうしても克服したくて色んな講座を受けたりして克服したと言っておりました。実際克服すると人生が変わったので、これをみんなに届けたいという思いで自分が講師として事業は始めたそうです。始めてみるとあっという間に人気講座になり、今では有名な先生になりました。何故人気があったかです。雄太「しゃべりが上手かったからですか」いいえ、決してしゃべりが上手いわけではないようです。自分が昔あがり症だったので、受講生の気持ちがすごくわかるからです。「あ~、それよくわる」みたいな感じで受講生の気持ちがよくわかるので、受講生も安心して講座を受けるそうです。そして自分が体験しているので、受講生の何ができないかもよくわかるそうです。もし人前で緊張しない講座の先生が元々緊張しない人だったら、受講生の気持ちがわからず、何故受講生はそんなこともできないんだとなってしまいます。体験者だから成せる事業なのです。だからコンプレックスは大切なのです。コンプレックスを仕事にできるのです。自分がダメだと思っていることは、実は仕事になるのです。最初から何でも出来る人は、出来ない人の気持ちがわかりません。出来ない人は、出来ない人の気持ちがわかります。最初から出来る人は、何かに頼ろうとしません。出来ない人はどうにかして克服したいから誰かに助けを求めます。それを手伝いするのが仕事です。雄太「なるほど、考え方が根本的に間違っておりました」そうなんです、だからコンプレックスは大切ですし、コンプレックスは仕事になるのです。コンプレックスを前向きに捉えましょう。***********今日のまとめコンプレックスを大切にしましょう***********ご質問・ご感想などはこちらまで↓↓↓↓↓↓お問い合わせこんなもの始めました。■この世界の真実 楽しく生きる方法こんなブログはじめました。
こんな方は是非読んでみてください。・人生がうまくいっていない・世の中の真実を知りたい・何かモヤモヤっとしている・本来の自分を知りたい・見えない世界に興味がある・何か満たされていない
主人公(マリ)が色んな体験をしながらこの世界の真実を知っていく物語です。
↓↓↓第1話↓↓↓最新話
本日もブログをお読みいただきありがとうございました!

関連記事