話し方が想像以上に凄い

Pocket

いつまでも話し方と思うなよ

想いの伝わる話し方で、欲しい未来へと確実にナビゲートアナウンサーの桑原麻美です。
小1長女の夏休みはいよいよクライマックス⁉️
明日は私も休んで、宿題の最終チェック等々するつもりなので、夏休みの学童は、今日が最後。
お弁当作りも最後でした。同じようなお弁当を作っていたら、夏休みの中盤で、「本当はお弁当の中身を時々、変えて欲しい」と言われ、それからは余裕のある日はサンドイッチにしています。
今日は若干、出発時間が遅めだったので、サンドイッチ弁当
学童と保育園に娘たちを送り、私も張り切って仕事へ
話し方マンツーマンレッスン声強化キャンペーンの最終レッスンもあります。
今日も楽しんで過ごしましょう
午前のミーティングのドリンクに、スタバでカプチーノを買いました。
冷たすぎるのが苦手なので、夏でもホット

すべてがだんだんとよくなっている。確実に、あなたの欲しい未来が待っています

アマゾンが選んだ話し方の10個の原則

街の高層ビルを見上げて、権力の象徴と感じることがあります。裏を返すと権力への「憧れ」かもしれませんね。このように自分が何に執着しているのか、ひょんなことから気付くことがあります。私の幼い頃の幸せの象徴は建物でした。   
そうそう幼い頃の憧れがもうひとつありました。それは家族です。私は一人っ子で祖父とお袋の3人家族だったので、同年代の兄弟に憧れていました。だから友だちをいっぱい作りました。でも、夕方になると皆んなそれぞれの家族のもとに帰ってゆきます。 それが淋しくて、友だちを引き止めるために面白い話しをいっぱいしようとするのですが、私は自分が体験したことや感動したことを、友だちに伝えるのがとても苦手でした。話しの順序を変えたり、興奮状態のまま話すのをやめて少し時間をおいて話しても結果は同じ(笑) そんな自分を客観的に観ていて、つくづく考えさせられます。人間関係がこじれる要因が、私の中にいっぱい詰まっていることです。起承転結がバラバラなのも要因の一つですが、それだけではなく根本的におかしいのです。 専門書の中にこんなことが書いてあります。「自分の立ち位置から、相手の立ち位置に向いて話しても伝わらない、伝えたければ自ら相手の立ち位置に迎えに行きなさい」
私たちは、事象を頭の中にある削除・省略、歪曲、一般化するフィルターを通して話しています。私たちが興味を持つことや感動することは、それぞれ違います。相手になるべく正確に伝えたいと思ったら、相手が理解できる共通言語で話すことです。 
 きっと、伝えるのが上手い人は、相手が興味を持つような話し方をしているのでしょうね。コミュニケーションは相手のことを知りたいと思ってないと、自分のことも伝わらないですね。   【小さな実践】306/1000他者に伝える際、あなたは省略・削除、歪曲、一般化のどのフィルターをよく使っているかを検証してみる 

コメントは受け付けていません。