話し方 幸せづくり研究所

Pocket

話し方 おいしさとやすらぎを

 今日のメニューは… * 今日のタティング* 新作情報* シチュCD感想  ≪シチュCD感想の注意事項≫ネタばれが困る、嫌いという方、こういうのに興味が無い方はスキップすることをお勧めします。   ――――σ―――σ――――    今日は気温は低いものの、異常に湿度が高く…そのせいなのか、身体中ベタベタ。 9月までもう少し。早くエアコン無しで快適~と言える日が来てほしい。    サブテーブルにポンと置いてあったタティング。午前中の生徒さんが興味を持ってくれたので、簡単に説明しながらピラーンと広げ…。やっぱり、細かいからってことで、興味はあるけど簡単に手は出ないって感じですね。それでも、そのうちチャレンジしそうな感じはするけれど。 ということで、現在ここまで進みました。  横1列が増えたんだけど…ホントは下に増やすつもりでいたのに、ふと気がつくと上に繋いじゃってまして。(苦笑)窓の左上は赤と思ってたのがオレンジになっちゃった。 (とんでもないところに繋いだんじゃなくて良かったけどね)    ――――σ―――σ――――    ダブリルムーンさんから新作情報が入りました。 『夜更かしさせない河村眞人』 ということで、出演はもちろん河村眞人さん。10月26日発売です。 えーっと…ちょっと変わった内容になりそうなんですよね。発売予告は1枚だけなんですが…なぜかキャラクターが3人います。じゃあ、3つのオムニバスストーリーなのかと思うと、そうでもないみたい。トラックリストはサイト内に掲載されてますが、それを見てもよく分かりません。キャラクター2と3は作中で語られるストーリーのキャラなのかな?と、一応判断してみましたけれど…それで正しいのかどうかはハッキリしません。  ちなみに、キャラ設定を見ていると、『夜更かしさせない』んじゃなくて『夜更かしさせる気満々』でしょ、という感じです。(要するにかなりえっちぃと推測される)///    ――――σ―――σ――――    DIABOLIK LOVERS ZERO floor.1 逆巻アヤトCV:緑川光さん  ディアラバZEROがスタートです。 例によって、ほぼ前情報を持たずに聞いてます。 今回の舞台は魔界。 えーっと、ちょっと私混乱してます。ゲームはモアブラのごくごく初めのところで止まってます。それ以降のゲーム内での出来事の情報は持ってないに等しいです。エターナルで、時期が戻ったってのはありましたが、ZEROも時期が戻ったって考えていいのかな? カールハインツが生きてますもん。それとも、死んだってのは嘘だったとか、生き返ったとか? だって、ZEROシリーズにキノがいますもん。  まあ、とりあえず…カールハインツは生きているから、当然”カールハインツの力”なんてものは引き継いでないアヤト、ということです。  カールハインツに呼ばれて、兄弟全員で魔界の城に来ています。アヤトはわたしを連れて城の外へ。 森の中、突然の雨が降り出し…。雨宿りに逃げ込んだ建物。声をかけても誰もいない。建物の案内図を見ると、どうやらここは美術館のよう。地下室を含めて13の部屋がある、となっているので、これから一つ一つ別の部屋がステージになっていくことになるんでしょう。 今回、わたしとアヤトが足を踏み入れた部屋は一面の肖像画が飾られている。その中の一枚。 『これ、オレ様に似てないか?』 アヤトにそっくりの肖像画と目が合い…絵の中から、偽物のアヤトが出てくる。   ということで、このシリーズは本物の彼と偽物の彼の『一人二役の取り合い(バーサス)』ってことになるのかな。一人二役といっても、本物と偽物という違うだけだから声は同じ。話し方も同じ。それでも、本物と偽物の区別はつきます。どこが違うのかと言うと、本物には『わたし』を気遣う愛があるんだけど、偽物には愛がないということ。感情が有るか無いかという微妙なニュアンスの差ということになります。この辺り、やっぱり上手いですね。 本物と偽物によるバーサス、といった感じのストーリーですが、物語の流れから、『わたし』にはどっちが本物でどっちが偽物かってのは完全に分かった状態です。 ZEROシリーズが全部このパターンをなぞっていくのかどうかは分かりませんが…。もし、わたしが気がつかないうちに本物と偽物が入れ換わっていたら…あるいは偽物の存在を知らずにいたとしたら…『私』は気がつくことができるのかな。 今回は、今、わたしの血を吸っているのは本物だとか、偽物だとかってのは分かっていたから、偽物からの吸血の時には『嫌だ』という気持ちを持っていられたけど…。もし、偽物だという認識がなかったら、何も気づかずに受け入れてしまうのかもしれない。  偽物のアヤトはわたしのことを餌だと言う。本物のアヤトはわたしのことを愛してると言う。 このアヤトの思いを聞きながら…思い浮かんでいたのはシュウのこと。(苦笑) シュウのターンではどういうストーリーになるのか分からないけど。『愛してるなんて言わない』と言っていたシュウから愛の言葉が聞けるのかもしれない、と。   偽物のアヤトをナイフで切り裂く。辺りに散らばったのは絵の具。その絵の具がじわじわと集まってきて…形を作る。 この辺りの映像イメージは『ターミネーター2』です。(笑)(アレは液体金属だったけど) いとも簡単にナイフで片がついたような感じになったけど…”絶対、こんなに簡単に終わるわけがない”と思っていたら、まさかのターミネーター状態に思わずクスクス笑いが…。(笑) でも、絶対に弱点はあるはず。『私』も気がついてたけど、『わたし』も気がつきました。 偽物のアヤトが抜け出た『絵』を斬り裂けば良い。    偽物のアヤトは、この美術館の使い魔のようなものだったようです。本体は美術館。迷い込んだ命を奪い生きている魔物。 このことはカールハインツに報告したそうなので、カールハインツがどうにかするんでしょう。(笑)     そういえば、ディアラバは年数が経っていても『年齢』がどうなっているのかって全然気にしないでいられますね。彼らの誕生日がきても、気になったことがなかったってのは…彼らがヴァンパイアだから、なのかな。 彼らだってちゃんと歌ってるのに。(笑) ディアヴォやピタゴラスのみんなに感じた『年齢を重ねても良いんじゃない?』というのは不思議と感じないんですよね。 (この辺りのことは8月23日に書いたので、気になる方はGO
)     
人気ブログランキング ブログランキングに参加中 同じくベタベタですって人も ターミネーター観たことないって人も よかったら、ポチっとしてあげてくださいな 

とどくといいな 話し方

お客さんが私のために女性向け性◯マッサージを呼んだ。経験が無いと話したのを覚えていて今回呼んでくれたのだ。初めてなのでデリ◯ルではなく性◯マッサージにしたとのこと。  この顧客は結構なhentaiで、二人でマニアックなプレイを多くしてきた。オーデマ・ピゲを売るほど持っているのでピゲ男と呼ばせていただこう。ピゲ男は彼女(私は彼女ではないけれどw)が他の男に何かされて感じている“声”を聞くのが好きなのだそう。そういうと寝取られ系に分類され嗜好的にMなのではと思われそうだが、彼自身も性に対してとてもクリエイティブで積極的な人で全くMではない。耳から入る情報を重視する人なのだ。 

散々巷で言われているように、知的な人はセックソが上手い傾向にある。でもそんなこと言ったら私の顧客は皆超が付くほど上手いハズである…おかしいな。そこで私は声を大にして言いたい。 

全てはセンスであると。 

あれ、これおねえさまが仰ってたんだっけな?私も深くそう思うのである。 

知的で気遣いができ、人の話をきちんと聞く人はいい線行ってる人が多いと思う。周りをよく観察してるってことだな。 

で、話は戻り。薄暗いベッドルームで裸にタオルを掛けて横たわっている私。ガウン着ていたいという要望はピゲ男に却下された。お腹冷えちゃう。どうせ男前は来ないだろうと見越してアイマスクもスタンバイ。美しくないものは前もって目に入れない方向でw
そろそろとベッドルームに入ってくるマッサージ師の男の子。「こんにちは」も名前も名乗らない。アータ誰なのよ・・・!この時点で元からゼロだった期待値はマイナスに。

仕方がないからこちらから挨拶して名前を聞く。嘘だろうけどこの仕事始めて一年だそう。一年ならそこそこマッサージ上手くないと駄目よね?新人じゃないのね?だったら容赦しないわよ?
背面からマッサージ開始。まずは足先から普通のマッサージ。
いやーん!この子手が湿ってるぅぅぅ!!!やぁだぁぁぁーーー!!!それに力が弱い。若い男だろ?マッサージはもっと強くやれ。← 

私は自分でも引くほど汗っかきである。手を繋ぐだけで手汗かくし、冬の電車内ではアウター脱ぐし、数百メートル歩けば滝汗である。駄菓子菓子、最初から手がペトってしてるのは嫌なのぉぉぉぉ!!ぺしょって、ぺしょってしてるぅぅぅ( p_q)ああいやだいやだいやだよぉぉぉ( p_q)
なのでオイルに移行。オイルで誤魔化す作戦☆

仰向けになりやわやわとテキトーなマッサージをされる。さすがに下手くそな客のように強く握ったり摘まれはしなかった。たまにさ、スムージーでも作るのかよ?ってくらい握り潰しにかかってくる客いるからね。特に年寄り。スムージーさんと呼んでおります。(どーバナ)
下半身に移動。うーん・・・力が強いなぁ(-_-)もっともっともーっと繊細にソフトでいいのに。
これが客だったら合格だった。仕事だから文句は言わず我慢する。
でも!今回私は客だった・・・( ゚д゚)ハッ!そう思い出し、マッサージ師に伝える。“もっとゆっくりそーっと優しく触って。触れるか触れないかくらいが感じるの。”
“かしこまりました”と答える彼。名乗りもしなかったのに応答だけはいっぱしであるwきっとマニュアルがあるのだろう。
ソフトでゆっくりになるも、すぐ激しくスピーディになっちゃう。もうこれは男のサガなのかねぇ。
コイツはあかんと見切りをつけおもちゃに移行。指ってまじで凶器なのですわ。上手い人だととろけちゃうのにね←きゃ破廉恥( 〃▽〃)
安定のおもちゃ。安全安心で好きよ。
と安堵していたら、おもむろにティンコを握らせようとするマッサージ師。

ちょ、待てよ。

まさか入れる気??

冗談よしお。
つーかテメーのティンコふにゃふにゃじゃねーか!
プロなら勃たせてろってんだ!
百歩譲って勃たせてから握らせろってんだ!
…あー私の右手が穢れた←アータ今まで何本にぎにぎしてるのっていうw

即ティンコから手を離して終了。

でもさ、私も同業者だからさ、無下には出来なくて、マッサージ師にお礼言って、ゆっくりお風呂入っておいでーと伝えて、ピゲ男を呼んだ。

正味30分でさようなら。60分コースで呼んだからマッサージ師にとってはお得よね。ピゲ男はチップもあげてたし。

“また是非”ってピゲ男に営業かけてた。笑

もー呼ばねーよ。

ピゲ男には正直に感想を伝えて、今度はランキング上位の子を呼ぶことに。中途半端な時間だったからその子たち今回は出勤してなくてね。マッサージでここまでするならデリ◯ルと変わらないね。ということは料金体系高いデリ◯ルのランキング上位呼んだ方が間違いないねという結論に至った。

この女性向け性◯マッサージはピゲ男の御用達なのだけど(歴代の彼女達と一緒に使っていたらしい)、望めばセッ◯ソまでしてくれる店だとは知らなかったと驚いていた。以前呼んだ子達は皆セッ◯ソは出来ないと明言していたそうだ。ということは今回呼んだ子はあれか?ヘ◯スでセッ◯ソしちまう迷惑なおなごと一緒か?セッ◯ソしていいなら本番 店で働けばいいのにね。その方がずっと単価高いのだし。昔からそういう子がわたしゃ理解不能だ。

このマッサージ師の男の子、上位にはなれないんだろうなぁ。。。悪い子じゃなかったけれど。雰囲気作り・服装・話し方・タッチの仕方。風俗は個人戦であり、尚且つ何が強みになるかは人によって違うから、真似だけしても駄目だし、教えて伝わるようなことでもない。自分で気付いていくしかない。ただカラダ売ってるだけ。でも人気が出るか否かはまた別のお話だ。ちょっとだけ初心に戻れた。ピゲ男よありがとな。

コメントは受け付けていません。